婦人

M&Aのメリットを知っておけば損をしなくて済む

企業が停滞を乗り切る方法

ハンドシェイク

企業は永遠に成長を続けられるわけではなく、必ず停滞期がやってきます。その時にM&Aによって新たな事業を拡大することが重要になります。新規に事業を始める時は新しい技術や人材を育てる必要があります。しかしM&Aによってそれらの技術や人材を早く確保できます。同時に不採算事業を切り捨てることも必要です。

詳細を読む

おすすめ関連リンク

  • M&A 事業承継 山田ビジネスコンサルティング株式会社

    基礎知識に関することが知りたいならデューデリジェンスの情報を確認しておきたいと思うならこちらからとなっていますよ。

事業拡大する手法

男性

近年は会社の規模を大きくするためM&Aが行われています。他企業を買収したり、合併したりするので、実際に行う際には十分に事前の準備を行ったうえで行うことが大切です。お互いの強みを知ったM&Aが成功に繋がる第一歩となるからです。

詳細を読む

企業の成長に欠かせない

婦人

M&Aは会社が合併や買収によって統合することを意味し、その多くは合併や株式譲渡、株式移転の方法で行われます。ただし、これ以外にも方法はいくつかあるため、事例に応じた最適な方法を専門家にアドバイスしてもらうことが理想です。近年では、経済情勢や少子高齢化の問題もあり、M&Aの事例が増えています。

詳細を読む

会社の発展を考えよう

レディー

強みを活かして事業拡大

M&Aにおけるメリットはいくつか存在していますが、そのうちの1つが自社の強みをさらなる強みにできるという点です。例えば主力商品の販売数を増やしたいと考えている場合でも、主力商品の出荷数を増やせるルートを確保することがM&Aを利用することで行えます。また工場の数を一気に増やすこともできるので、生産数を増やすというメリットも存在しています。自社の強みを発展させることで、事業の安定にもつながるからこそ、強みをどうしたら活かせるのか考えて買収する企業について考えていくことも大切です。また買収する企業選びには、仲介業者を利用することによって、買収候補の企業の業績などの情報を集められます。仲介業者を選ぶ時には情報力に注目するようにしましょう。

弱みを補強することも可能

M&Aにおけるメリットというのは、強みを活かすことだけではなく、弱みを克服できるという点にもメリットが存在しています。自社の苦手分野や今まで関わってこなかった分野に強い企業を買収することによって、自社の弱点を克服して発展させることができます。このようなM&Aのメリットについて考えていく時には、M&Aの前に業績予想を行っておくことが大切です。買収後にうまくいかないと会社にとってリスクとなってしまうこともあるので、業績予想をしっかりと行い、価値のあるM&Aとするようにしましょう。また業績予想はその都度見直しをして、臨機応変に事業を行っていくことも忘れてはいけません。気持ちだけで考えずに、冷静に状況を見つめることも大切です。